ホームページ作成の基礎を学ぼう!

テーマ設定とページ構成を決めよう!

ホームページを作りたいと思ったら、まずはテーマ設定が重要です。どんな情報が掲載されているホームページなのか、アクセスした人がすぐに理解できるようにしなければいけません。テーマは漠然としたものではなく、ある程度限定されたものがよいでしょう。たとえばテーマが「和食」では範囲が広くなりますが、「お寿司」であれば対象が限定されます。
テーマが決まったら、どのような情報を掲載するのか考えましょう。たとえば「お寿司」であれば、店舗の情報や旬のネタの情報などになります。掲載予定の情報がどのように分類できるのか見通しが立つと、ホームページのデザインがやりやすくなります。細かい部分はホームページを実際に更新しながら考えてもかまいませんが、開設前の計画はとても大切です。

わかりやすいページデザインにしよう!

ホームページのテーマと掲載内容がだいたい決まったら、いよいよ具体的なデザインにとりかかります。オリジナリティを発揮しようとすると専門的な知識が必要になりますが、初心者でも一定のクオリティを持ったホームページを作成するためのソフトやサービスがあるので安心してください。
ホームページを作成するとき、大事にしたいのはアクセスした人が見やすいデザインにすることです。たとえば極端に文字が小さいホームページはアクセスが増えない可能性が高くなります。また、どこにどんな情報が掲載されているのか、うまく誘導できる構造も欠かせません。ホームページの概要を載せたページを用意し、問い合わせのためのメールアドレスやSNSアカウントを載せておくと親切です。

ホームページ作成の方法をマスターするためには、デザインやプログラミングの基礎的な知識を得る必要があります。